読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小田原な日々

小田原近辺のお散歩、食情報や日々のあれこれ。

神奈川県南足柄市  大雄山 最乗寺 紅葉

お散歩(巨木・神社・お寺) お散歩【小田原周辺】
あとで読む

昨年に引き続き(昨年の日記)、今年も大雄山最乗寺へ紅葉を見にでかけてきました。(撮影日2013年11月24日)撮影日以降、強風が吹き荒れた日がありましたので、紅葉は散ってしまったでしょうか…。

午前8時には現地に到着。ちょうど葉の間から太陽の光が漏れてきて、とてもきれいでした。

瑠璃門から延びる階段のところの紅葉は毎年色が鮮やかで、定番の撮影スポットです。


この日は本堂周辺の紅葉だけではなく一番上にある「奥の院」まで行ってきました(^O^)/
途中にあった洗心の滝。この滝周辺の雰囲気は荘厳でとても素晴らしいと再認識しました。

結界門を抜けて、階段を登り御真殿でお参りします。結界門の両脇にも天狗さんがいました。最乗寺と言えば天狗と下駄のモチーフを至るところで見かけます。

大雄山最乗寺の創建に貢献した道了という僧が、寺の完成と同時に天狗になり身を山中に隠したと伝えらていることから、道了尊とも呼ばれています。この道了にちなんで、境内には多くの下駄が奉納されています。


御真殿までも階段はあるのですが、こちらが最後の心臓破りの階段です。うわ〜数年ぶりにのぼりました。

奥の院へ到着。膝はガクガク、腿はプルプル。下りの階段も転がり落ちないかとドキドキ。それにしてもほんとキツかったです。 ゼェゼェ(lll゚Д゚)ノ

奥の院でお参りをした後、戻ってくると途中からたき火の煙が辺りに漂っていました(゚∀゚) 落ち葉を集めて燃やしているようです。

煙が立ち込める前に撮影して良かった…と私は内心ほっとしていたのですが、ツレは朝モヤみたいと喜んで撮影していました。ちょうど煙が立ち込めるところに太陽の光が差して、なんとも幻想的な写真が撮れていました。

帰る頃には、大気汚染と見紛うほどのモクモクで大変なことに!!!! 喜んでいるのはツレだけ( ゚Д゚)だったのではないでしょうか。

今年も美しい紅葉を堪能することができました♪