小田原な日々

小田原近辺のお散歩、食情報や日々のあれこれ。

小田原市入生田  長興山紹太寺のしだれ桜 2016

あとで読む

週末小雨の降る中、入生田にある長興山紹太寺のしだれ桜を見に出かけてきました。(撮影日2016年4月3日)
数年前にも一度訪れたことがありましたが、それ以降はなかなか来る機会がありませんでした。
長興山紹太寺は箱根登山鉄道入生田駅から徒歩5分くらいのところにあります。

入生田は「いりうだ」(あるいは、いりゅうだ)と読みます。引っ越してきた当初はこの駅名を読めませんでした。

長興山紹太寺は小田原藩主だった稲葉氏一族の菩提寺です。

本堂ではお弁当を頂くこともできるそうです。予約が必要のようです。詳細はHP()をご覧ください。

お寺は駅から徒歩5分ですが、目指すしだれ桜は山の中腹にありますので、坂道を20分ほどかけて歩きました。
しだれ桜への道のりは、階段と舗装された道路と二つあります。私たちは子供をベビーカーに乗せて行きましたので舗装された道路を登りました。想像以上に斜度のある坂道で汗だくになりました(゚∀゚) スニーカーなど歩きやすい靴で行くことをオススメします。

ヘロヘロになって歩いていると、やっとしだれ桜が見えてきました。こうして車のサイズと比較するとどれだけこの木が大きいかわかります。

久しぶりに訪問しましたが、大きな鳥が羽根を広げて優雅に飛んでいるようにも見える、それはそれは見事な枝ぶりです。そして大きさにも驚かされます。この日はほぼ満開だったようです。

このしだれ桜は樹齢約340年、高さ約13m、株元周囲約4.7mの大木です。「かながわ名木百選」、「小田原市指定天然記念物」にも指定されています。


以前よりも樹勢の衰えが見られるとはいえ、実に美しいその姿。

急な坂道を登ってきた甲斐がありました。

帰る際に入生田駅のホームで白いロマンスカーを目撃。

なお、駐車場の情報については長興山 紹太寺紹太寺のHPに、以下のように記載がありました。ご参考までに引用します。

3月25日~車両通行止め。寺臨時駐車場は1回1千円。この駐車場収益金の一部を樹勢回復に使わせて頂きます。