読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小田原な日々

小田原近辺のお散歩、食情報や日々のあれこれ。

小田原市本町  千度小路龍宮神社

あとで読む

小田原市内のお寺や神社へは散策の時に立ち寄ったりしているので、結構色々訪問したつもりだったのですが、まだまだ知らないところがありました。
◆過去に訪問したところ:お散歩【巨木・神社・お寺】はこちら→
今回初めて訪れたのは本町にある龍宮神社です。
途中小田原蒲鉾会館の脇の細い路地を入り、曲がったところにひっそりと龍宮神社はありました。
話はそれますが、さすが蒲鉾は小田原市の特産品だけあって「小田原蒲鉾会館」もあるんですね~♪ この辺りには蒲鉾店が多く立ち並ぶ”かまぼこ通り”もあります。

知らなかったらなかなかたどり着けないような奥まったところにあります。

幹が曲がったご神木が印象的。海の神様が祀られているようです。

この界隈は千度小路(せんどこうじ)と呼ばれているのだそうです。

波の模様が入っていますが、北條氏の家紋でしょうか。

そういえば、2014年のブログで松原神社例大祭のお浜降りの様子の記事をアップしたのですが、その写真の中に龍宮神社の御神輿の写真もありました。上記写真と同じ家紋が入っていました!
◆過去の日記「御幸の浜 松原神社例大祭 お浜降り」→こちら

龍宮神社についてネットで調べてみたところ、NHK小田原市の千度小路を特集した番組がありました→こちら★
この番組ではこちらの龍宮神社のことも記載されていました。
以下リンク先より龍宮神社のところを抜粋しました。

千度小路の一角に、ひっそりと佇む小さな神社があります。海の守り神、龍神様が奉られた龍宮神社です。北条氏に認められていた証が残っていました。お社には、北条氏の家紋の三ッ鱗を、漁師たちの功績を称え、波の模様を入れて納められています。千度小路の漁師たちは、ここで大漁や安全を願い、海に出ていました。神社は、相模湾の沖で漁をする様子をずっと見守っています。時代は変わっても、龍神様は、千度小路の漁師たちの心のよりどころです。

よくわかりました!!

龍宮神社の場所はこちら

すぐ後ろが海なので、立ち寄りました。


龍宮神社は市内の浜町、東町にもあるようなので、そのうちに訪問してみたいと思います。