小田原な日々

小田原近辺のお散歩、食情報や日々のあれこれ。

小田原市板橋  松永記念館 睡蓮

あとで読む

先日午前中にチャリを走らせ、箱根板橋にある松永記念館へ出かけてきました。
咲いてる花があるかな〜と期待していったところ、睡蓮がまだ咲いていました。小田原市のHPを見ると5月末から8月初旬までと、咲いてる期間が長いんですね。

咲いてるといっても、花はだ〜いぶまばらなんですけどね(^^ゞ

ちょうどこの角度から毎年撮影してる気がします(-.-)

黄色の花も咲いていました。

この後雨が降り出し、撮影は中止となりました(T_T)


さて話は変わりますが、先日小田原の図書館で借りた本が興味深かったので、自分の備忘録として記載しておこうと思います。
『おかんの昼ごはん ---親の老いと、本当のワタシと、仕事の選択』(著者 山田ズーニー

ほぼ日刊イトイ新聞にて「おとなの小論文教室」というコラムを連載し、表現インストラクターなる肩書をもつ著者。
このコラムで連載されたものを”おかんの昼ごはん”と”本当の「ワタシ」”、”仕事の選択”という3部構成にして再編集したものです。読者からの便りも交えながら書かれたエッセイです。
”おかんの昼ごはん”では老いていく自分の親を子の立場としてどのように受け入れ、向き合っていくかについて描かれたもの。読み始めたら…涙なくしては読めませんでした( ;∀;) 3つともテーマは重いですが、希望が持てる内容。普段使わない頭を使い、前向きに整理できたような気がします(^-^)