小田原な日々

小田原近辺のお散歩、食情報や日々のあれこれ。

静岡県三島市  山中城址公園 矢立の杉と大カシ

あとで読む

小田原に本城を置いた北條氏が、国境防備のために築いたとされる静岡県三島市にある山中城
先日の山中城跡巡りの際に(過去の日記)見かけた巨木です。
いづれも本丸の近くに立っていました。
1つ目は矢立ての杉です。
こちらは三島市の天然記念物に指定されています。

樹齢500年。樹高31.5メートルと他の木より抜きん出ており、山中城のシンボルです。
とにかく背が高いので全景を写すのが困難です!!

そして杉のすぐ近く、駒形諏訪神社のところに立っているのが、こちらの大カシです。こちらは県指定の天然記念物であり、県内1、2の大木といわれているそうです。

なんと樹齢600年。まだまだ力があります。

これらの巨木が、豊臣軍の猛攻を受けて山中城で激戦が繰り広げられている時代から既にそこに立っていたということにびっくりです。
久しぶりの巨木シリーズでした。